ニュース–かつての米国限定のグランドセイコー4シーズンコレクションが世界中で利用可能になりました(ライブ写真と価格)

事実上すべてのブランドが限定版、特別版、ブティック限定、さらには国限定で活動しています。 そして、最近発売されたエレガンスSBGW267&SBGW269ヨーロピアンエディションからも明らかなように、グランドセイコーはこのコンセプトに精通しています。 同様に、日本のメーカーは米国で独占的に販売されていたコレクションを持っていましたが、今日では4シーズンのコレクションを世界中に販売しています。 グランドセイコーについて私たちが知っていて大好きなものをたくさん提供し、4つの非常にハンサムで独特な文字盤で、グランドセイコーハイビートSBGH271&SBGH273、およびグランドセイコースプリングドライブSBGA413&SBGA415コレクションを皆さんに紹介する時が来ましたアメリカに住んでいない。

最初から一つはっきりさせておきましょう。これらの時計は新しいものではありません。 過ぎゆく季節に捧げられた時計のカルテットは、当初は米国限定のコレクションでしたが、現在では世界中で利用可能です。

季節の移り変わりは、これまでグランドセイコーにインスピレーションを与えてきました。時計は、春、夏、秋、冬の独特の特徴を表しています。 コンセプトは、今年初めに特集したグランドセイコーエレガンスGMT4シーズンコレクションに匹敵します。 本日ご紹介する4つの時計はすべて、ケースとブレスレットのデザインは同じですが、素材、文字盤、ムーブメントが異なります。

グランドセイコーハイビートSBGH271&SBGH273

最初は、夏と秋に捧げられた、純粋な機械式の高周波時計です。 グランドセイコーに期待されるように、それぞれが自然にインスパイアされた質感のある文字盤を備えています。 SBGH271(夏)は、磨き上げられたファセット仕上げのゴールドインデックスを備えた甘美なグリーンの文字盤を備えています。 この時計はテクスチャよりも色に重点を置いているため、水平方向のテクスチャは非常に微妙です。 ザラツポリッシュ仕上げのエッジを備えたゴールドの時針と分針のペアがインデックスと一致します。 日付表示や秒針も贅沢なゴールドトーンで仕上げています。

SBGH271

SBGH273(Autumn)は、水平ではなく垂直に適用されたテクスチャーを備えたダークブルーの文字盤を備えていますが、その「夏」の兄弟に追随しています。 インスピレーションは、秋の季節の月明かりに照らされた夜空から来ています。 今回は、インデックスと時針と分針、そして日付を囲むフレームがスチールで作られています。 秒針は例外で、12時に適用されたGSロゴと一致するゴールドで行われます。

SBGH273

時計の両方に電力を供給し、GSの「ライオン」ロゴが付いたサファイアクリスタルの下に見えるのは、高周波9S85キャリバーです。 この社内ムーブメントは36,000vphの周波数で動作し、37個の宝石を使用しています。 1日あたり-3 / + 5秒以内に実行するように規制されており、55時間のパワーリザーブを提供します。

どちらのモデルも、ブラッシュ仕上げとポリッシュ仕上げの表面が交互に配置された3リンクスチールブレスレットで提供されます。 グランドセイコーHi-BeatSBGH271&SBGH273小売店 6,400ユーロ。 SBGH273は2021年11月から、SBGH271は2022年2月から利用可能になります。

簡単な事実 –直径40mm x高さ12mm–ステンレススチールケースとブレスレット–両側にサファイアクリスタル– 100m防水–テクスチャードグリーンの文字盤(SBGH271、夏)またはディープブルーの文字盤(SBGH273、秋)–ポリッシュ仕上げ、ファセット加工のインデックスと針( SBGH271の場合はゴールド、SBGH273の場合はシルバー)–フレーム付き日付ウィンドウ–キャリバー9S85、自社製–自動巻き– 37石– 36,000vph(5Hz)– 55hパワーリザーブ– 1日あたり-3 / + 5秒に調整–時間、分、秒、日付– 6,400ユーロ

グランドセイコースプリングドライブSBGA413&SBGA415

フォーシーズンズコレクションの2つ目の時計は、グランドセイコースプリングドライブSBGA4123&SBGA415です。 ステンレススチールのケースとブレスレットの代わりに、これら2つはフルチタンのスーツで提供されます。 チタンの工業的な外観はSBGA415の冬のテーマと完全に一致していますが、最初はSBGA413にとって非論理的な選択のようです。 もう少し考えてみると、春になると再び花が咲き始め、意味がわかり始めます。

SBGA413

2つの違いは、文字盤とその装飾にあります。 SBGA413は、直射日光の下で際立つ、豊かな質感の桜のピンクの文字盤を備えており、そのすべての美しさを表しています。 富士山近くの満開の桜林を彷彿とさせます。 文字盤はステンレススチールモデルと同様のレイアウトで、7時から8時の間にパワーリザーブインジケーターが追加されています。

SBGA415

2番目のスプリングドライブウォッチはSBGA415で、カルテットの中で最も落ち着きがあり、冬を表しています。 ダークグレーの文字盤は、ケースとブレスレットのグレーとほぼ一致しますが、日光の下で活気づきます。 ブルーの秒針を除いて、SBGA413と同様のテクスチャーと文字盤レイアウトを共有しています。 時針と分針、フレーム付き日付ウィンドウ、パワーリザーブインジケーターなどの残りの詳細は同じ方法で実行されます。

再びGSの「ライオン」ロゴで装飾されたサファイアクリスタルのケースバックの下には、9R65スプリングドライブムーブメントの全景があります。 このムーブメントは完全に社内で開発および製造されており、最高のクォーツと機械式時計製造を組み合わせています。 ハイブリッドムーブメントは自動巻きを特徴とし、72時間のパワーリザーブを備え、月平均+/- 15秒の精度を備えています。

グランドセイコースプリングドライブSBGA413とSBGA415はどちらも3リンクチタンブレスレットを備えており、価格は 6,700ユーロ。 SBGA415は2021年11月から、SBGA413は2022年2月から利用可能になります。

簡単な事実 –直径40mm x高さ12mm–チタンケースとブレスレット–両側にサファイアクリスタル– 100m防水–テクスチャード加工のチェリーブロッサムピンク文字盤(SBGA413、春)またはダークグレー文字盤(SBGA415、冬)–ポリッシュ仕上げ、ファセット加工のインデックスと時針と分針–洗練された秒針–フレーム付き日付ウィンドウ–キャリバー9R65、自社製–自動巻きスプリングドライブテクノロジー– 72時間パワーリザーブ– 1日あたり±1秒/月間±15秒(平均)に調整–時間、分、秒、日付、パワーリザーブ– 6,700ユーロ

詳細については、GrandSeiko.comをご覧ください。

https://monochrome-watches.com/grand-seiko-4-seasons-collection-sbgh271-sbgh273-sbga413-sbga415-now-available-worldwide-hands-on-price/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です