紹介– MB&F Legacy Machine 1「Longhorn」のユニークな作品(ライブ写真)

多くの人が思い出すように、2011年のLegacy Machine 1は、MB&Fのレトロフューチャー船からの根本的な逸脱を示したLegacyMachineコレクションの基礎となったものでした。 シグネチャーMB&Fの3次元キネティックツイストで時計製造の偉大な革新者を祝うために設計されたレガシーマシンは、伝統的なラウンドケース、ローマ数字の白いラッカー仕上げのレジスター、文字盤の中央に吊るされた魅惑的な記念碑的なバランスホイールを備えていました。 レガシーマシン1の属性は、複雑さが増すLM時計の王朝の拡大の青写真になります。 そして、デビューからわずか6年後の2017年、MB&Fはレガシーマシン1の白鳥の歌をスチール製の最終18ピースエディションで上演しました。 さて、MB&Fでは、「最終」という言葉は意図したとおり有限ではありません。 LM1が完全に姿を消したと思ったちょうどその時、MB&Fは2011年のLM1プロトタイプを復活させ、LMコレクションの10周年を記念しました。 このユニークな作品は、2021年11月7日にジュネーブのBacs&Russoと共同でフィリップスによってオークションにかけられ、収益のかなりの部分がSave the RhinoInternationalに寄付されます。 11月6日のオンリーウォッチオークションに参加していて、MB&FのHM10パンダを手に入れることができなかった場合は、いつでも再試行して、翌日にこの1回限りのLM1「ロングホーン」プロトタイプに入札できます。

プロトタイプ

LM1エディションの在庫がすべてなくなったため、MB&Fは、LM1の元のプロトタイプを救出し、10周年記念のためにそれをほこりで払うことにしました。 MB&Fがプロトタイプを復活させるのはこれが初めてではありません。2020年に、HM​​4キティホークのプロトタイプがコレクターに個人的に販売されました。 ただし、より多くのMB&Fファンがこのユニークなプロトタイプに入札できるようにするために、Legacy Machine1「Longhorn」がオークションにかけられています。

MB&Fレガシーマシン1ロングホーンユニークピース

ロングホーンの角

プロトタイプは、2009年から2010年の設計段階でLM1の特徴的な設計要素となる長いラグまたはホーンのため、「ロングホーン」として知られるようになりました。 しかし、長い角は理想的ではありませんでした。 スプリングバーをケースの近くまたはラグの先端のどこに配置するかについての問題は、MaxBüsserとEricGiroudに短いロングで解決するように説得することになりました。 それにもかかわらず、ビュッサーはやめたわけではなく、長い角のアイデアはまだ彼に訴えました。 「最近のブレーンストーミングセッションの1つで、スプリングバー用の長いホーンに2つの穴を開けるというアイデアが突然思い浮かびました。1つはホーンの先端に、もう1つはケースの近くにあります。彼はストラップを付けたいと思っています。 10年前になぜこれを考えなかったのか分かりません!」

スチールケースとブラックのサブダイヤル

長く湾曲したラグの元のコンセプト(他のLM1ウォッチには見られないユニークな機能)を取り戻した後、このプロトタイプを真にユニークにする他のいくつかの属性があります。 ほとんどのLM1は金、プラチナ、チタンで製造されていましたが、LM1 Longhornは、2017年のLM1 Final Editionsと同様に、ステンレス鋼で作られています。ベースプレートはロジウムメッキされており、LM1の歴史上初めて光沢のある白です。サブダイヤルのラッカーは、ブルーの針と非常によく対照的な光沢のあるブラックラッカーに置き換えられました。 フライングバランスホイールにまたがるアーチ型の橋は、ファイナルエディションモデルにも見られる最新のより有機的なバージョンの橋に対応しています。

MB&Fレガシーマシン1ロングホーンユニークピース

レガシーマシン1の以前のエディションと同様に、直径44m、高さ16mmのケースには、白いローマ数字の2つの黒いサブダイヤルに表示される独立したタイムゾーンを設定するための2つのリューズがあります。 オリジナルの縦型パワーディスプレイは6時位置に配置されており、文字盤の上に吊り下げられた18,000vphで鼓動する記念碑的な14mmバランスホイールが自慢です。

裏側には、Jean-FrançoisMojonがMB&Fのために開発した3D時計ムーブメントがあり、フィンランドの時計職人Kari Voutilainenが監督する伝統的な19世紀の手作り仕上げが施されています。磨かれた内部ベベル、ジュネーブウェーブ、磨かれた皿穴と手彫りのゴールドシャトン。 ブリッジには両男性の名前が刻印されており、ケースバックのスチールベゼルには「プロトタイプ」の文字が刻印されています。

MB&Fレガシーマシン1ロングホーンユニークピース

LM1「Longhorn」は、2021年11月7日にジュネーブでBacs&Russoと共同でPhillipsによってオークションにかけられます。 プロトタイプの「Longhorn」のニックネームは、ブレーンストーミングセッション中にMB&Fチームに付けられたもので、サイを直接参照しています。 絶滅危惧種はその長い角を求めて狩りをしました。 プロトタイプのオークションからの収益の大部分は、アフリカとアジアの5種のサイを保護することを目的としたロンドンを拠点とするSave the RhinoInternational組織に寄付されます。

詳細については、www.mbandf.comをご覧ください。

https://monochrome-watches.com/mbf-legacy-machine-1-longhorn-unique-piece-introducing/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です