紹介–ポルシェデザイン1919スポーツクロノサブセコンド39mm(ライブ写真と価格)

あなたがポルシェデザインとその時計に全く精通しているなら、ブランドの起源はおそらくあなたにも知られています。 ダッシュボードにインスパイアされた1972年のポルシェデザインオルフィナクロノグラフIから生まれた、すべて黒の服を着て、黒の文字盤に非常にクリアな白を使用した現在のポートフォリオは、フォームフォロー機能の証です。 スマートで人間工学に基づいたデザインと読みやすさと実用性に重点を置いたPorscheDesign 1919 Sport Chrono Sub Secondsは、サイズが39mmの直径に縮小されました。

これらのことは大多数の時計に合う傾向があるので、人々は目の前の時計の寸法、そしてもちろん自分の手首の解剖学的構造に応じて、より小さなまたはより大きな時計を望んでいます。 これは、ブランドが既存のコレクションに新しいサイズを導入するときはいつでも、それは単に新しい潜在的なクライアントに範囲を開くことを意味します。 そして、それは疑いの余地なく、良いことです。

新しいPorscheDesign 1919 Sport Chrono Sub Seconds 39mmは、Porsche Designを形作ったまさにその設計原則に従い、当然、その兄貴です。 サイズの縮小は、12,25mmの高さを維持しながら、ケースの直径が42mmから39mmに減少することを意味します。 それはまだサンドブラストと磨かれたチタンから作られています、そして、鋼はケースの中央から伸びるくり抜かれたラグを特徴とします。 上部に7倍の反射防止コーティングが施されたサファイアクリスタルと、頑丈なケースバックも42mmのバリエーションに続きます。

ポルシェデザインの時計は、日付と日付のみであるか、複雑さが増すかに関係なく、可能な限り読みやすい文字盤を備えています。 ブランドは初日からこれに焦点を合わせ、今日もそうし続けています。 黒、青、または茶色の円形のつや消しダイヤルには、Super LumiNovaに白いマーキングがあり、中央に時針と分針があり、十分な量の発光材料が特徴です。 当然、ケースが小さいほどダイヤルが小さくなります。つまり、日付ウィンドウが分トラックの近くに配置され、小秒表示もわずかに小さくなります。

両方のサイズ、42mm(左)と39mm(右)が隣り合っています。

ポルシェデザイン1919スポーツクロノサブセコンド39mmの中には、同じ口径のWERK03.200があります。 この自動ムーブメントには、COSCクロノメーター認定が付属しており、見えなくてもポルシェデザインアイコンローターが付いています。 28,800vphの周波数で動作し、完全に巻かれたときに38時間の電力を供給します。

その兄のように、各色は本物のポルシェ張り革から作られたトーンオントーンのレザーストラップで提供され、サンドブラストチタン折りたたみバックルで閉じられています。 ストラップにシームレスに流れるケースの固定された湾曲は、以前は、小さな手首には十分にフィットしない可能性があったことを意味していました。 この縮小されたサイズは、その問題を解決しようとしています。これは大歓迎です。 ポルシェデザイン1919スポーツクロノサブセコンド39mm小売用 4,450ユーロ

詳細については、Porsche-Design.comをご覧ください。

https://monochrome-watches.com/porsche-design-1919-sport-chrono-sub-seconds-39mm-new-review-price/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です