紹介–ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズデュアルタイム&クロノグラフ「エベレスト」限定版(ライブ写真と価格)

2016年とジュネーブを拠点とする時計見本市での発表以来、海外は非常に重要な高級スポーツ時計市場において、ヴァシュロンコンスタンタンにとってほぼ無限の遊び場となっています。 シンプルなディスプレイや複雑な動きを備えた、複数の色の数十のバリエーションで提供されているヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズについては、まだ説明していないことはあまりありません。 写真家、冒険家、登山家のコーリー・リチャーズのためにかつて作成された比較的謎めいたプロトタイプモデルが1つあることを除いて…そして、私たちはどういうわけか、このスポーティなエディションがかつてより多くの聴衆のために作られたのを見たいと思っていました。 そして、ここに、ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズデュアルタイム&クロノグラフ「エベレスト」限定版があります。

これらの2つの新しい限定版の背後には、アメリカの探検家で写真家のCoryRichardsの物語があります。 リチャードには興味深いライフストーリーが1つあり、彼はアメリカ人として初めて冬に8,000mの山頂を登頂しました。 そして2019年、彼はこれまで誰も足を踏み入れたことのない道から世界の頂点に到達しようと試みました。 デュオは振り返らなければなりませんでしたが、リチャーズはこのインタビューで私たちと話しました…彼は確かに手首に特別なものを身に着けていました。チタンやタンタルのように、上昇の厳しさに耐えることができます…」

コーリー・リチャーズが着用したヴァシュロン・コンスタント・オーバーシーズのプロトタイプ

新しいヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズエベレストリミテッドエディション

コーリーのユニークな時計は、同じデュアルタイムムーブメントとディスプレイ、または自動巻きクロノグラフムーブメントのいずれかで利用できる、2つの新しい海外限定版エベレストに美的コードを提供します。

一見したところ、海外のコンセプト全体にわずかな変更が加えられただけであり、クロノグラフとデュアルタイムエディションの両方のクラシックエディションでは、寸法と動きの両方が過去にすでに使用されています。 この「エベレスト」の文脈で本当に異なるのは、ケースとストラップに使用されている素材、すべての要素の色とテクスチャーです。これらは、海外のこれら2つの大胆でスポーティなエディションに固有のものです。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズリミテッドエディションエベレストレビュー

複雑さと寸法はさておき、両方のヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズエベレストリミテッドエディションは、同じ全体的なデザインと素材を共有しています。 材料から始めて、主な金属としての鋼や金はもうありません。 軽量性、耐食性、堅牢性の理由から、これはチタンに置き換えられました。チタンは、ケース、6面ベゼル、プッシャー、プッシャーガードにあります。 これにより、時計のタフさが増すだけでなく、手首がはるかに快適になります。海外では、手首が比較的重いことで知られています。 チタンパーツにはいくつかの仕上げが施されています。 ケース用にサテン仕上げとポリッシュ仕上げ。 プッシャー用に研磨。 ベゼル、クラウン、プッシャーガード用にビードブラスト。 ベゼルリングにはステンレススチールが使用されていますが、マットでダークなチタンパーツとのコントラストが非常に優れています。

文字盤もまったく新しいもので、コーリー・リチャーズのために作られた時計からインスピレーションを得ています。 クラシックなヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズに見られる洗練された滑らかな文字盤はなくなりました。 これらのエベレストリミテッドエディションでは、VCは、グレーブルーの色と、反射防止だけでなく、金属の魅力的で遊び心のある強い粒子パターンを備えた、ラフでオリジナルなものをもたらします。 このトーンダウンカラーは、手とストラップの明るいオレンジ色のアクセントと組み合わされています。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズリミテッドエディションエベレストレビュー

エベレストリミテッドエディションは、ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズコレクションのすべての時計に導入された見事で使いやすい互換性システムに忠実であり、文字盤と同じ色のヌバックカーフスキンの裏地が付いたコーデュラストラップを備えています。 両方のエディションには、灰色のラバーストラップも含まれています。 どちらもチタン/ステンレススチールのフォールディングクラスプを使用しており、工具を必要とせずに数秒で交換できます。

海外デュアルタイムエベレスト

このエベレストシリーズの時計で発表された最初のモデルは、コーリーのプロトタイプ時計から直接インスピレーションを得ており、同じ全体的なデザインと同じ複雑さを共有しています。 旅行中に役立つ機能であるデュアルタイムは、彼のことを気にかけている人々の時間を追跡するために、世界の屋根を登るときにコーリーから求められた特別な要件でもありました。 そして冒険の時計であるため、これはおそらく最も関連性の高い合併症です。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズリミテッドエディションエベレストレビュー

この新しい海外デュアルタイムエベレストのベースはよく知られており、ここで確認したクラシックなデュアルタイムエディションと同じ比率を使用しています。 このように、このモデルは直径41mmで、ねじ込み式リューズ、両側にサファイアクリスタルを備えており、150mの水圧に耐えることができます。 そして、コーリーのプロトタイプと同じように、ケースはチタンとスチールのアクセントを組み合わせ、複数の対照的な仕上げを施しています。

自社製自動巻きキャリバー5110DT / 2を搭載したデュアルタイム機能は、非常に簡単です。 ディスプレイは、クラシックな現地時間針(中央HMS)で構成され、明るいオレンジ色の4番目の矢印の付いた中央針は、元の(ホーム)時刻を一致する色の昼/夜インジケーターと組み合わせて表示します。 6時位置には、現地時間と同期するポインター日付があります。 ケースバックを通して見ると、ムーブメントはNAC処理されたダークグレーで仕上げられ、22Kピンクゴールドの振動錘がエベレストの刻印で飾られています。 ムーブメントは4Hzで動作し、最大60時間のパワーリザーブを蓄えます。 それはジュネーブの特徴によって認定されています。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズリミテッドエディションエベレストレビュー

Vacheron Constantin Overseas Dual-Time Everest Limited Editionは、150個で生産され、VCブティックからのみ入手可能で、価格は次のとおりです。 30,700ユーロ

クイックファクト:41mm x 12.8mm –複数仕上げのチタンケース–サファイアクリスタルフロント/ケースバック– 150m防水–自社製キャリバー5110 DT / 2 –自動、4Hz、60時間パワーリザーブ、ジュネーブの特徴–グレーコーデュラファブリックストラップとグレーラバーストラップ–ref。 7910V / 000T-B922 – 30,700ユーロ、150個限定

海外クロノグラフエベレスト

このエベレストサブコレクションの2番目のモデルは、クラシックなスポーツウォッチであり、おそらくすべての海外モデルのより大胆なバージョンです。 自動クロノグラフ。 スポーツ愛好家やアウトドアアクティビティ愛好家に高く評価されているこの合併症は、リチャーズのために作成されたプロトタイプとは関係ありません。 このバージョンは、パーマネントコレクションの標準モデルと同様に、直径42.5mmのやや特大のケースに収められています。

前述のように、チタンとスチールを複数の仕上げで組み合わせ、コントラストを提供し、象徴的な6面ベゼルやラテラルプッシャーとクラウンなど、時計の特定の要素を強調しています。どちらもビーズブラスト仕上げで実行されているため、色が濃くなります。チタン用。 ケースは比較的重く、高さは13.7mmですが、自動巻きクロノグラフとしてはかなりクラシックなままです。 ケースには、同じねじ込み式リューズと1/4回転ねじロックプッシャー、および両側にサファイアクリスタルが保持されています。 また、150メートル(他のほとんどの海外と同じ)まで快適な耐水性があります。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズクロノグラフエベレストリミテッドエディションは、日付が4.30(常に議論の余地があるもの)のクラシックなトライコンパッククロノグラフで、同心円状のパターンのおかげで、サブカウンターがきめの細かい背景と見事に対照的です。 また、すべてのタイミング針にオレンジを使用すると、経過時間が読みやすくなります。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズリミテッドエディションエベレストレビュー

ケースバックの下には、キャリバー5200/2があります。これは、ダブルバレル、コラムホイール、垂直クラッチアーキテクチャを備えた、最新の自社製統合クロノグラフムーブメントです。 このスポーティな限定版の機会に、NACメッキのブリッジとプレートが提示され、文字盤とケースのダークグレーの色合いと、エベレストの刻印が施された特定の22Kピンクゴールドの振動ウェイトがベースになっています。コーリー・リチャーズが撮影した写真。 この現代的なムーブメントは4Hzで鼓動し、最大52時間のパワーリザーブを蓄えます。

Vacheron Constantin Overseas Chronograph Everest Limited Editionは、150個で生産され、VCブティックからのみ入手可能で、価格は次のとおりです。 36,300ユーロ

簡単な事実:42.5mm x 13.7mm –複数仕上げのチタンケース–サファイアクリスタルフロント/ケースバック– 150m防水–自社製キャリバー5200/2 –自動巻き、4Hz、52hパワーリザーブ、ジュネーブの特徴–グレーコーデュラファブリックストラップとグレーラバーストラップ–ref。 5510V / 000T-B923 – 36,300ユーロ、150個限定

詳細については、vacheron-constantin.comをご覧ください。

https://monochrome-watches.com/vacheron-constantin-overseas-dual-time-chronograph-everest-limited-editions-hands-on-price/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です