紹介–オーデマピゲトゥールビヨンによるコード11.59がツートンゴールドで透かし彫りになりました

2019年のCode11.59の最初のラインナップで最も複雑なモデルではなかったかもしれませんが、確かに最も劇的でした。 オーデマピゲのトゥールビヨンオープンワークは、透かし彫りのムーブメントと現代的な建築で、ブラックのブリッジとプレートを備えたピンクゴールドでデビューし、続いてオンリーウォッチ2019チャリティーオークションのツートンカラーのピンクとホワイトゴールドのモデルが登場しました。 その複雑なアーキテクチャを誇示するために、最新のトゥールビヨンオープンワークは、オンリーウォッチのツートンカラーのケースフォーミュラを繰り返していますが、露出した動きを強調するためにグレーの色合いが異なります。

多面的なツートーンケース

オーデマピゲには、1882年から1969年までのツートーンケースの伝統はありませんが、この組み合わせを特徴とするモデルは8つだけです。2つの異なる金属のコントラストは、Code11.59時計のダイナミックなアーキテクチャを際立たせるのに最適です。

発売後のCode11.59コレクションに対する反応はまちまちでしたが、MONOCHROMEは常に、「理解するために金属で見る価値のある時計である」と主張してきました。 一瞬見ただけでは、Code11.59コレクションに投資された複雑さと印象的な職人技を正当化することはできません。 薄いベゼルを備えた丸いケースのように見えるかもしれませんが、実際には、大胆で並置された建築形状の多面的な融合です。 ブランドの象徴的なロイヤルオークのベゼルに敬意を表して、ケースの中央は八角形で、厚い起毛バンドと磨かれた面取りを備えた18Kピンクゴールドで作られています。 18Kホワイトゴールドのラグは、ブラシ仕上げの表面と磨かれたベベルを備え、透かし彫りされ、ベゼルとケースバックのアーチにケース中央を保護するように溶接されています。 ピンクのケースミドルとホワイトゴールドのベゼル、ラグ、ケースバックのコントラストが、直径41mm、厚さ10.7mmのケースの洗練されたアーキテクチャを際立たせています。

オーデマピゲトゥールビヨン透かし彫りツートーンコード11.59

グレーの3つのトーン

明るく磨かれたホワイトゴールドのベゼルの上にそびえるドーム型のダブルカーブサファイアクリスタルで保護された文字盤は、透かし彫りのトゥールビヨンムーブメントを表しています。 APの自社製キャリバー2948、多層手巻きトゥールビヨンムーブメントは、ホワイトのミニッツマーキングが施されたダークグレーのラッカー仕上げのインナーベゼルで縁取られています。 トゥールビヨンを6時、バレルを12時の位置に配置した垂直方向のムーブメントは、スケルトン化に心地よい対称性をもたらします。 ムーブメントの優雅に湾曲したブリッジは、3つの異なるグレーの色合いで選択され、深みを強調し、ライトグレーのバレルと歯車列との明確なコントラストを提供します。 さらに、時計の両側に見えるメインプレートとブリッジは垂直のサテンブラシで装飾されており、バレルとホイールは円形のサテンブラシ仕上げになっています。 ブリッジのグレーの配色を遮り、トゥールビヨンのピンクゴールドトーンのバランスホイール、18Kピンクゴールドの針、トゥールビヨンとバレルブリッジの宝石が温かみを添えています。

オーデマピゲトゥールビヨン透かし彫りツートーンコード11.59

わずか3.65mmの厚さで、ムーブメントは70の研磨された角度で手作業で仕上げられています。 APのキャリバー2948は21,600vphでビートし、72時間のパワーリザーブを提供します。 ムーブメントのグレートーンを引き立たせるために、トゥールビヨンオープンワークは、カーフスキンの裏地とK18ホワイトゴールドのAPフォールディングクラスプを備えたスレートグレーのラバーコーティングストラップで提供されます。

価格

オーデマピゲトゥールビヨン透かし彫りによる新しいツートンカラーコード11.59(ref。26600CR.OO.D009KB.01)の価格はご要望に応じて提供されますが、 175,000スイスフラン

オーデマピゲトゥールビヨン透かし彫りツートーンコード11.59

詳細については、オーデマピゲにお問い合わせください。

https://monochrome-watches.com/code-11-59-by-audemars-piguet-tourbillon-openworked-two-tone-gold-26600cr-oo-d009kb-01-introducing-price/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です