紹介–銀座にインスパイアされたセイコ140周年記念限定版アルピニストSPB259&プレサージュSSA445

ある服部金太郎が1881年に時計や時計の販売・修理店をオープンしたという話は、後に世界でも有​​数の時計会社になり、セイコーという名で知られるようになりました。 そして今年、セイコーは創立140周年を記念して、服部氏に複数の限定モデルで敬意を表して懸命に取り組んできました。 今日、セイコーの物語が始まり、会社がまだ存在する東京地区である銀座は、2つの新しい限定版の中心です。 こちらが銀座にインスパイアされたセイコー140周年記念限定版プロスペックス1959アルピニストモダンリインタープリテーションSPB259&プレサージュSSA445です。

東京都心の銀座地区はセイコーにとって特に重要です。 創業者の服部金太郎が1881年に時計事業を立ち上げ、時計や時計の販売・修理を始めた場所です。 その後、若い服部は独自の時計を作り、日本の最も重要な時計製造会社の1つであるセイコーを設立します。 さらに驚くべきことに、この東京地区はまだブランドが運営されており、120年以上もの間、銀座のセイコー時計が東京を時間通りに守ってきました。 今日、セイコーの時計は、世界最大のセイコーの旗艦店の1つである和光店の屋上から銀座の最も有名な交差点を見下ろしています。 また、近くにはセイコープロスペックス専門のブティックであるセイコーミュージアムや、各コレクションを体験できるセイコードリームスクエアなど、セイコーの他の施設もあります。

だから、140周年のお祝いのためにこの地区に触発されたいくつかの時計よりも優れています。 どちらの時計もコレクションの既存のモデルに基づいていますが、地区の伝統的な石畳の通りを反映した特定の文字盤パターンで更新されていますが、使用されている配色に現代的なタッチがあり、現代的な雰囲気を呼び起こすブルーグレーのトーンです今日銀座を定義する多くの近代的な建物の。

セイコープロスペックス1959アルピニストモダン再解釈SPB259

セイコー140周年記念のこの新しいシリーズの時計の最初のラインは、プロスペックス1959アルピニストモダンリインタープリテーションSPB241J1、SPB243J1、SPB245J1をベースにした時計です。 今年3月に発売された、日本ブランドの最もクールなスポーツウォッチの1つである、セイコー初のスポーツウォッチをベースに、より現代的なアプローチを取り入れた時計です。

忠実でコンパクトな再版SJE085J1とは対照的に、1959年のアルピニスト現代再解釈は、おそらくご想像のとおり、現代のパッケージに収められたインスピレーション、過去の喚起です。 時計の全体的な仕様がパーマネントコレクションのクラシックモデルと同じである場合、このセイコープロスペックス1959アルピニストSPB259はまったく異なる文字盤を示しています。 コレクションのシグネチャーアプライマーカーとシャープな針は残されていますが、現在はブルーグレーの文字盤と組み合わされており、サンレイブラシの効果があり、主に銀座の石畳の質感が表面に刻まれています。 驚いたことに、起毛パターンはよく考えられているようで、角度に応じて、小さなブロックがさまざまな光の下で表示されます。

セイコープロスペックス1959アルピニストモダンリインタープリテーションリミテッドエディション140周年SPB259

また、秒針は、銀座のナイトライフが中心だったコンパル通りにちなんで名付けられた日本の伝統的な色であるコンパルで、地区の歴史に敬意を表しています。 やわらかな緑を基調としたこの青色は、明治中期(1868-1912)に初めて使用されました。 これ以外にも、ドーム型サファイアクリスタル、シースルーケースバック、ねじ込み式リューズを備え、200mの耐水性を備えた同じステンレススチールケース(直径38mm x高さ12.9mm)があります。

この銀座に着想を得た1959年のアルピニストSPB259は、3つ折りクラスプとプッシュボタンリリースを備えた3リンクステンレススチールブレスレットに装着されています。 よく知られているキャリバー6R35を搭載しており、70時間のパワーリザーブを提供し、3Hzの周波数でビートします。 それは3,500個の限定版として提供され、2021年10月にセイコーブティックと世界中の選択された小売パートナーで利用可能になります。 750ユーロ

簡単な事実:38mm x 12.9mm –ステンレススチールケース、サファイアクリスタル、シースルーケースバック、ねじ込み式リューズ、200m WR –グレーブルーテクスチャードダイヤル–キャリバー6R35、24ジュエル、3Hz周波数、70hパワーリザーブ–フォールディングクラスプにスチールブレスレット–参照。 SPB259 – 3,500個限定– 750ユーロ

セイコプレサージュSSA445

銀座にインスパイアされたブランドの140周年記念コレクションの一部として提供される2番目の時計は、最近発売されたPresageコレクションのモデルであるOpen-Heart PresageStyle60に基づいています。 これらの新しい作品は、歴史的に重要な時計、1964年のセイコクラウンクロノグラフをモデルにしています。しかし、ここでも、ヴィンテージ時計の1対1の複製ではなく、インスピレーションの源について話します。

セイコプレサージュ限定版140周年SSA445

上記の時計と同様に、新しいセイコプレサージュSSA445は、既存の時計の仕様を利用しています。つまり、直径40.8mm x高さ12.8mmのケースに、60分のスケールのクールな外部ブラックアルミニウムベゼルが装備されています。 箱型のハードレックスクリスタルとシースルーのケースバックを備え、50mの耐水性を備えています。 それは、3つ折りの留め金とプッシュボタンリリースを備えた3リンクスチールブレスレットに着用されています。 内部にはキャリバー4R39があり、3Hzの周波数と41時間のパワーリザーブを備えた堅牢なエントリーレベルの自動巻きムーブメントです。

セイコプレサージュ限定版140周年SSA445

この新しいSSA445で本当に重要なのは文字盤です。ここでも、セイコーはテクスチャーと色で遊んでいます。同じ銀座の石畳のテクスチャーとグレーブルーの色で、太陽光線のブラシ効果があります。 針と適用されたインデックスは、パーマネントコレクションの既存のモデルと同じであり、24時間インジケーターの横にあるバランスを示す文字盤の開口部の存在も同様です。

銀座にインスパイアされたセイコプレサージュSSA445140周年は、4,000個の限定版として提供され、2021年10月にセイコブティックおよび世界中の選択された小売パートナーでも利用可能になります。 590ユーロ

簡単な事実:40.8mm x 12.8mm –ステンレススチールケース、ハードレックスクリスタル、シースルーケースバック、50m WR –グレーブルーテクスチャーダイヤル–キャリバー4R39、24ジュエル、3Hz周波数、41hパワーリザーブ–フォールディングクラスプにスチールブレスレット–ref。 SSA445 – 4,000個限定– 590ユーロ

詳細については、seikowatches.comをご覧ください。

https://monochrome-watches.com/introducing-seiko-140th-anniversary-limited-editions-ginza-inspired-prospex-alpinist-spb259-presage-ssa445-price/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です